循環器センターのご紹介

診療体制・業務内容

循環器センターは富山大学附属病院の一つの部門として、循環器疾患を包括的に治療する目的で設立され、2017年より始動しました。
循環器疾患とは心臓や血管の病気を指しますが、小児では心臓に生まれつき病気を持った天性心疾患、成人では動脈硬化を主因とした狭心症や心筋梗塞、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症に加え、弁膜症、不整脈などが代表的な疾患です。
これらの病気を対象に内科、外科、小児科、麻酔科、集中治療室(ICU、CCU)、臨床工学技士、看護師およびリハビリスタッフなど多職種で密に連携を取り合い、お互いの得意分野を補完するようなハートチームを作って診断から治療にまできめ細やかに対処しています。
また、循環器疾患には、急性心筋梗塞や動脈瘤の破裂など診断から治療までの時間が生死を分けることも多く、
当センターでは『24時間体制でホットラインによる受け入れ』を行っています。さらには、重症心不全などほかの医療施設では治療に限界があるような患者さんでも、センターのスタッフが一丸となって治療に当たりますので、二次救急対応病院のみならず、医院、開業医の先生方からの診療依頼も随時受け入れ可能となっています。




特徴・特色

循環器センターは1)循環器内科部門、2)心臓血管外科部門、3)先天性心疾患部門、4)低侵襲治療部門、5)心臓リハビリテーション部門の5つの部門により構成されています。
各部門のスタッフが集まり循環器センターカンファレンスを定期的に行い、一人ひとりの患者さん応じた最適な治療法を検討しています。

診療部門の詳細はこちら




設備など

手術対応多軸血管造影(ハイブリッド手術室)
補助人工心臓 
マルチスライスCT
心臓カテーテル検査(バイプレーン血管撮影装置1台、シングルプレーン血管撮影装置2台)
電気生理検査(EPS)
睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)
3次元心エコ-(TTE, TEE)
遺伝子検査(心筋症、遺伝性不整脈など)
心臓リハビリテーション機能訓練室











〒930-0194
富山市杉谷 2630番地

お電話 :

076-434-2281

ご相談窓口 :

お問い合わせはこちら